2011年11月30日バックナンバー
H23.11月30日

地方自治史上、いや日本の政治史上に残る大阪W選挙は、これまた、「大阪維新の会」の歴史的勝利で幕を閉じた。勿論、維新の会にとっては正にこれからが勝負であり、正念場であるが、今回の、大阪維新の会の闘い方は実に見事だった。というか、民主党・自民党・共産党が平松陣営に付くという異例の展開、異常事態(信じられない事態)が今回の勝因の一つであろう。既成政党対維新という、維新にとっては最高の舞台づくりが出来た。既成政党ってどうしてああいう動きをするのだろうか?彼らはそれで本当に勝てると思ったのか?解せない。勝てる勝てないより、多くの有権者はまず「どん引き」だろう。
 今回、諸々の政策の提案・提示の仕方や対立軸の作り方も秀逸で、役所vs維新という構図も重複させた。つまり、旧態依然とした政治・行政に対する刷新・維新という構図が明確になった。
 こういう構図の作り方を小泉的とか劇場型とか批判する人間がいるが、選挙での争点というのは二項対立で分かり易い方が有権者にとっては判断しやすいと思う。勿論、選挙は二項対立型だけではないが、そういう種類の選挙は歴史上無数にある。別に今回の選挙が特異ではない。
 今回の選挙、地方行政の制度論やその課題・・・つまり「地方分権」「二重行政」「都区制度」「大都市制度」といった、普段一般の市民には余り馴染みのない行政用語が飛び交い、それらが意味すること、それらが抱える課題等について市民レベルで論じられたことだけでも意味のあることだったと思う。そして、それらの制度に再考のチャンスを与えたのだ。
 今回の選挙はこういった制度論を飛び越え、これらが孕んでいる問題・・・二重行政としての無駄、非効率性、自治体の戦略性の欠如、制度疲労・硬直化、構造の陳腐化等を浮き彫りにしてくれた。大変意味のある有意義な選挙だったと思う。
 さぁ、これから我々は一体何をすべきか?大阪都構想実現はこれから越えなければならないハードルがある。勿論、全ての行政課題が制度に起因するわけではないが、これらの制度を変えることによって、我々の生活はどう変わるか?変わる可能性があるのか?等に関心を持ち、今後の制度改革の推移を注意深く見て行く必要がある。また、こういった選挙に積極的に参加・参画していく必要があると考える。


戻る